叶鏡敦士

【奉祝曲】【復興曲】【合唱曲】として「いつの世にも」動画を公開しました☆


こんにちは 叶鏡です。
いつも私のHPをご覧頂きまして、どうもありがとうございます。

長文になりましたので、気になった方だけでもお読み頂ければ幸いです。

14時46分、静かに黙祷させて頂きました。

東日本大震災から昨日でまる10年が経ち一つの大きな節目を迎えました。
甚大な数の方がお亡くなりになり今もなお2千5百人以上の方が行方不明のままとのこと。
改めて犠牲になられた方々に対し哀悼の意を表し、心よりご冥福を申し上げます。
また現在も4万人以上の方が避難されている状況下、未だ本当に多くの方々が苦しまれていることと思います。
心よりお見舞い申し上げます。心中お察し致します。

あの日私はいつものように東京大神宮にお参りした後に東京のお店にいました。
あの日の飯田橋は曇り空といいますかどんよりとした暗く重たい空気で、いつもとは違う・・何か変だな!?異様な雰囲気だな!?と感じてはいました。
まるで朝から時間がずっと止まっているかのようでした。
そこにあの地震が起きました。
お店や賃貸アパートもそれなりに破損などありましたが、茨城の実家の方がガラスが割れたり塀が崩れたりとかなりの被害を受けました。

ただそんな被害とは比べ物にならない東北地方の凄まじい映像に・・

最愛の家族や愛する人を亡くす経験は誰しもありますが、心の準備も出来ないまま突然奪われ失う悲しみは想像を絶します。
寒い時期なのに住む家さえも流され電波断絶障害により安否確認も出来ない、更には放射能という目に見えない恐怖との戦い。

あの日から今の自分に何が出来るのか!?を自問自答しました。
東京も電力供給や物資が足りてませんでしたので節電の最大限の協力や取り組み、生きられるだけの最低・最小限の食べ物の購入。
本当は現地に赴きボランティア活動もしたかったのですが何せ一人でお店を運営していますので他に変わりがいなく、このような時期程ご来店してくださった目の前のお客様の悩みや不安を解決してさしあげなければと思い、より一層気を引き締めほぼ休まず占い師としての本業に励みました。

このHPをご覧頂いている方の中には東京で占い師をやっていた時に知り合った方も何人かいると思いますのでおそらくご存知かと思いますが、あとは義援金として叶鏡塾の参加費や11日の売り上げの全額寄付・チャリティーイベント開催など、この10年間ずっと続けて参りました。
それ以外にも街頭・店頭募金やクリック支援など、自分が出来ることを微力ではありますが陰ながら協力・応援させて頂いておりました。
皆様もそれぞれが考えそれぞれの立場でそれぞれが出来る事をされて来られたことと思います。

あれから10年経った今でも、もう故郷へは戻れない・まだまだ復興半ばという地域もあるとは思います。
言葉にするのは簡単ですが、本当に辛く悲しい思いをされていることと思います。

他にも茨城では台風による常総地域の鬼怒川氾濫による水害や最近では県北・県央地域の那珂川・久慈川氾濫による広範囲に渡る水害もありました。
この件でも自分が出来る範囲で微力ではありますが陰ながら支援させて頂きました。

「あの日を忘れない・風化させない・語り継ぐべき」とはよく言われますが、本当にそう思います。
震災があったこと自体を忘れないというのも大切なことですが、亡くなられてしまった方が一番悲しくさびしい思いをされるのが忘れ去られるということ。
故人を偲び手を合わせ思い出を語り合うことが何よりの救い弔いになると思います。
震災後過去10年の3月11日の中でも今日はこの上ない暖かで穏やかな素晴らしいお天気になりましたので、皆様の思いが届き鎮魂に繋がることでしょう。

10年という月日が流れ一つの大きな区切り・節目を迎えましたので、今までのような義援金や物資という形での支援ではなく、今回は歌手になったこともあり今の自分が出来る「願いや祈り思い」を言霊に乗せメロディーにエネルギーを吹き込み、そして未来へ繋がる曲を送れたらいいなと思い【いつの世にも】を作りました。
勿論私はまだ無名の歌手ですのでこの曲がどこまで届くのかはわかりませんが、きっと届くことを信じて自分なりに精一杯作らせて頂きました。

この【いつの世にも】は、当初は一昨年令和天皇御即位の記念式典にジャニーズの嵐さんが送られた【Ray of Water】【Journey to Harmony】に感動し触発されて自分なりの奉祝曲として作り始めたのですが、歌詞を書いているうちに奉祝曲としてだけではなくもっと大きな「愛の光」といいますか、どんなに時代が変わっても変わることのない「普遍的な愛・絆」復興曲としても歌って頂けるようにと構想がスケールアップしてゆきました。
いつの日かこの曲を小学生や中学生・高校生クラス全員で、みんなで合唱などして歌って頂けたら本当に嬉しいです。

この曲が完成してからはずっとそうしていましたが、これからも私のステージの一番最後は必ずこの曲を歌うことに決めました。
※今はまだコロナ過で以前のように会場で一緒に歌うことは出来ませんが、また皆さんと一緒にこの【いつの世にも】を歌えることを信じ今は一人で大切に歌い紡いでゆきます。

歌詞をエンドロール的に下から上に動かすバージョンとか色々作ってみたのですが曲のテンポが遅くどれもしっくりこないので、今回はどちらも奉祝曲や復興曲に相応しくなるべくとにかくメッセージが伝わるように敢えてシンプルで優しいイメージになるよう仕上げてみました。
※背景の青いバラの花言葉は「奇跡を起こす」「夢叶う」「神の祝福」でしたので、自分がソロの歌手デビューした日に戴いた花を撮影した画像を使用させて頂きました。
まずは(私の歌入りバージョン)の動画を、先程YouTubeに上げさせて頂きました。
(合唱用・練習用・カラオケバージョン)は出来次第、本日中に追加させて頂きます。

もし良かったら聴いてみてください。そして、ぜひ覚えて歌ってみてください。
どうぞ宜しくお願い致します。

最後まで長文にわたりお読みくださり、どうもありがとうございました。

今日を機に皆様が健康で笑顔で更に素晴らしい出来事や幸せが舞い込み、また一段と復興が進みますように・・

▼続きはコチラ